未経験からテストエンジニアへ転職する流れ

未経験からテストエンジニアへ転職するための具体的な流れを紹介します。

転職において、未経験だからこそ気をつけるべきポイントがあります。

未経験だからこそ気をつけるべきポイント

  • 転職の目的や理由をはっきりさせる
  • キャリアの棚卸しをする(強みやスキルを理解する)
  • 業界についての理解を深める
  • ブラック企業に転職しないために
  • 具体的な転職方法を把握する

未経験の転職の場合、転用できる職歴やスキルが少ないため、経験者に比べると採用される比率が低くなってしまいます。

その中でも転職を成功させるためには、未経験だからこそ気をつけるポイントを抑える必要があります。

そのため、転職を流れだけでなく、そのときに気をつけるポイントも合わせて紹介していきます。

転職活動の目安

転職活動の目安としては、準備期間を含めて3ヶ月~6ヶ月となります。

ただ、これはあくまで目安となるため、未経験からの転職の場合はより慎重に進めていきましょう。

転職の理由や目的をはっきりさせる

転職する前には「なぜ転職するのか?」という理由や目的を考えるところから始めましょう。

「転職したい」と思うには必ず理由や目的があります。

そして、転職はこの理由を解消することが大切になります。

「手に職をつけたい」という理由で転職したにも関わらず、「手に職をつけられない」職種へ転職してしまうと転職後に後悔することになるためです。

そのため、転職する前に理由や目的をはっきりさせる必要があります。

キャリアの棚卸し、キャリアプランを考える

「今までの仕事で何をしてきたのか」ということを洗い出すことがキャリアの棚卸しになります。

キャリアの棚卸しの流れ
  1. これまでの仕事内容で得たスキルや知識、資格などを掘り下げる
  2. どのように会社に貢献してきたのかを掘り下げる
  3. 今後に生かせるスキルや知識、資格などを掘り下げる

未経験の転職の場合、経験者に比べるとどうしても採用される確率が低くなってしまいます。

それは企業は採用するときに即戦力となる人材を求めているためです。

そのため、強みや得意なことを見つけて、企業にとって魅力に思われることが大切です。

その強みや得意なことを見つけるためにキャリアの棚卸しが必要になります。

テストエンジニアについて知ろう

未経験の場合は、転職する職種から理解しなければいけないため、まずテストエンジニアについて知ることが大切になります。

また、IT業界といっても様々になるため、業界についても知ることが必要になります。

IT業界の主な職種
  • ソフトウェア業界
  • ハードウェア業界
  • 情報処理業界
  • インターネット・Web業界

具体的な転職活動の方法

未経験から転職する方法としては2つあります。

転職する2つの方法
  • 転職エージェントを利用する
  • 転職サイトを利用する

転職エージェント、転職サイトのそれぞれで特徴があります。

転職エージェント転職サイト
料金無料無料
求人の探し方紹介してもらえる自分で探す
企業情報の収集内部情報を教えてくれる公開情報しかわからない
応募の添削、面接対策協力してくれる自分で実施する
日程調整、条件交渉代行してくれる自分で実施する

転職するときはこれら2つを利用して転職活動することがおすすめです。

求人の確認・応募をする

未経験からIT業界へ転職するときにおすすめな職種は「テストエンジニア」になります。

その理由としては、以下の3つになります。

  1. 必須スキルがなくても転職できる
  2. 20代後半から30代でも転職できる
  3. IT人材は不足することが予想されている

IT業界と言えば、「システムエンジニア」や「プログラマー」をイメージする人が多いと思いますが、それだけではなく「テストエンジニア」という職種を考えるのも1つに選択になります。

履歴書・職務経歴書の作成

職務経歴書を作成するときに意識するポイントは3つになります。

3つのポイント
  1. 仕事の向き合い方を伝える
  2. 熱意を伝える
  3. 採用するメリットを伝える

未経験の場合は「企業に雇うことのメリット」を伝えられないことがあります。

これは戦うための武器がない状態であるため、その中でも戦える戦略を考える必要があります。

面接対策をする

未経験から転職するときの面接対策のポイントは2つになります。

2つのポイント
  1. 転職するときにかかるコストを考える
  2. 企業が求めている人材を考える

企業が採用活動にかかるコストは平均約84.8万円と言われています。

1人採用するのにこれだけ多額のコストをかけて採用しているため、採用する側の思いを理解した状態で転職活動する必要があります。

特に中小企業の場合は、採用費用は大きな経費になるため、より一層理解を深めなければいけません。